個性を活かした空間を実現|開業したいならフランチャイズに注目|利益を出しやすくなる

開業したいならフランチャイズに注目|利益を出しやすくなる

女の人

個性を活かした空間を実現

珈琲

自分の力で成功を得る

誰にも自分が落ち着いてくつろげる空間というのがありますよね。例えばそれは自宅の居間だったり、屋根裏だったりします。そしてもちろんお気に入りのカフェがくつろぎの空間という人もいます。でもなかなかお気に入りが見つからない、または自分ならもっとこうするのにというイメージがあるなら思い切って自分のカフェを開業してみましょう。こだわりのコーヒー、自慢のケーキや焼き菓子、趣味で揃えたインテリアや食器など、思い切り自分の個性を打ち出すことができます。そして、お客様も同じ趣味の方がいらっしゃるので人付き合いの幅も増えていきます。カフェの開業は小規模から始められるので、比較的手軽に始められます。とはいえ経営はビジネスですので儲けも必要です。開業はゴールではなくスタートです。

実際にかかる費用は

カフェの開業資金は主に、店舗の賃貸、購入にかかる費用、内装工事費、設備費、運転資金です。店舗の賃貸、購入は開業資金のほとんどを占めます。費用は立地や広さによりますが、店舗を決めるポイントは集客見込みとのバランスです。立地が良くて集客が見込めそうなのに、狭く席数の少ない店舗では利益が上がりません。田舎の一軒家なら安く、空間を広く使うことができますが、集客が軌道に乗るのに時間がかかるかもしれません。内装工事費、設備費は店舗がもともと飲食店だと、ガスや水道設備が全くない場合に比べて安価で済みます。また、それ以外の壁や天井、カーテンなどに関しては業者に頼らず自分でやってしまう人もいます。手作り感が出ていい場合もありますが、安っぽくなっては意味がないので適度に専門業者にお願いしましょう。最後の運転資金は、カフェの経営が軌道に乗るまでの間にかかるランニングコストを賄う資金です。半年から1年はお店が継続できる額が開業時に手元にあるようにしましょう。また、開業する前にカフェ経営のノウハウを学ぶことができる専門学校に通うといいでしょう。ここではコーヒーの淹れ方以外にも開業するまでの方法を学ぶことができます。体験入学を実施している学校もあるので、興味がある方はHPなどをチェックするのがおすすめです。